HOME>メディア>デジタル印刷
デジタル印刷

 デジタル印刷は従来の印刷様式(平版・凸版・凹版・孔版)と区別して無版印刷とも言われます。従来は一つの版から多数の印刷物を作る事を目的にしてきました。この発達で、ひろく書物や広報物が入手できるようになりました。一方デジタル印刷機の普及で、版を使わないで、少部数の印刷が可能になりました。POD(Print On Demand)は版を作る工程なしにパソコンから直ちに印刷することです。現在のところコストや大量印刷時のスピードの点では従来印刷に敵いません。が,印刷に至るプロセスが短く直ちに印刷されるのが魅力です。コストから言うとA3では概ね200枚以上では従来型印刷の方が安価になります。
 印刷物を1枚だけでも作ることができるのもPODの魅力です。一人一人の氏名の入ったダイレクトメールなどはこうした技術を利用しています。

□トナー方式
 レーザーによって静電画像静電ドラムに形成し、粉体(トナー)を吹き付けて、不要部分を取り去り、用紙に画像部トナーを転写、高熱で定着します。トナーが透明の樹脂で覆われているのです。
 原理は全く同じですが、コピーとどこが違うのでしょうか。 注)コピーもレーザープリンターもトナーを使っています。高温化で長時間放置したりすると、トナーが他の紙や物に転写されることがあります。非対応のデスクマットやビニル製品、一部の革加工品に常温でも転写することがあります。

デジタル印刷(トナー)価格表(価格は税別です)
大きさ 枚数 カラー モノクロ
はがきからA5,B5,A4,B4,A3 1枚 60円 20円
用紙はコピー用紙です。コピー用紙以外の用紙に印刷することもできます。コピー用紙以外の時は、用紙代や断裁料が上記価格に加わります。
両面印刷もできます。価格は上記の2倍です。
上記価格にデザイン料,データ作成料,データ加工料は含まれていません。
データ持ち込みの場合データ調整等料金500円申し受けます。

屋外や水濡れしやすい場所でのPOPにはPOPA(ポップエース)をオススメします。
耐水性耐光性のある両面印刷可能な用紙です。
水や雨に濡れてもごわごわになりません。
両面印刷可能,ラミネート不要
用紙 A4 1枚150円。


□インクジェット方式
 トナーを熱で定着するのに対し、液体のインキを用紙に直接吹き付け、または転写する方法です。熱を使わないので、用紙などの材料を損傷しません。また平滑でない用紙や布などに印刷できます。服地の「プリント」はインクジェットを指しています。当社では服地ではなく、用紙を中心に印刷しています。トナーに比べて専用紙以外での発色が劣ります。ポスターなどではインクジェット専用紙を使って、発色や耐久性に対応しています。尚、この専用紙に他の印刷方式は対応できません。
デジタル印刷(インク)価格表(価格は税別です)
大きさ 枚数 カラー モノクロ 用紙
B5,A41枚200円120円専用光沢紙
B4,A31枚400円170円
B3,A21枚2,000円-専用光沢紙
専用合成紙
B2,A11枚3,000円-
耐光性,耐水性のあるインキを使用。
上記価格にデザイン料,データ作成料,データ加工料は含まれていません。
データ持ち込みの場合データ調整等料金500円申し受けます。
はがきの版下作成は2000円から


封筒・はがきに宛名印字できます。
賞状に氏名入れてプリントできます。
文集の表紙に一人一人別々の写真を入れて製本できます。

このページはメイリオをインストールしたパソコンではメイリオで表示します。私にはとても見やすい書体です。ただし,字体はVISTAと同じくJIS2004です。「飴」が旧字体になって苦そう!